らいキチカフェ

Lie-Kichi Cafe


誰もが “しなやかに強く” 生きていけるように
吉祥寺で一緒に楽しみながら学ぼうよ

 

「強い」ってなんなんでしょう。

 

「自分の意見が正解なんだ!」と、いつも正しいという「強さ」があります。

 

でも、「いつも正しい」だけ・・だと、あなたも、あなたが関わる人たちも、だんだん息苦しくなってきませんか?

 

 

一方で、

 

「あなたはどうなの?」「私はいいのよ・・・」と、

 

自分よりも誰かを真っ先に大切にし続けることで、居場所や役割を手に入れるような「強さ」もあります。

 

でも、「いつも誰かを優先」だけ・・だと、あなたも、あなたが関わる人たちも、どこか寂しくなってきませんか?

 

だんだんと、あなたは窮屈に、相手は傲慢になってきませんか?

 

本当はなにがしたいのか、わからなくなってきませんか?

 

 

 

行動ではぶつかり合っているように見えることはあっても、

 

「お互いが、関わっているみんなが、少しでもよくなるためにはどうしたらいいんだろうか?」

 

という同じ目標に向かって、同じ方向にむかって進んでいける人。

 

 

ひとり一人意見が違うのは当然だし、相手も自分と同じように意見を持っている、ということを忘れず、対話から始められる人。

 

 

でもやっぱり、時には余裕がなかったりして、いつでもどこでもそんな風に対応することは難しいから、間違ってしまうこともたくさんある。

 

 

だから、自分に足りなかったところや、自分が間違っていたことに気づいた時、

 

いつの間にか自分を正当化し、相手を不当に非難していたことに気づいた時、

 

それをいったんやめて、自分にいまできる、必要だと思う行動を、再び選択することができる人。

 

まずは、再選択しようと考えられる人。

 

 

そんな風に生きていける人が、いまの僕が目指したい、“しなやかに強い” 生き方をしている人です。

 

 

 

こんな生き方をするためには、今まではどうしても受け容れられなかった自分を、「それも自分のひとつなんだ」と許していったり、

 

「今はこういう状態なんだよね。じゃあ、今からどうしよっか?」と、いまの自分の状態に気づき、少しずつ受け容れ続けていくことで、「自分」の枠を拡げていくこともたくさん必要になるんだと思います。

 

それは「自分を変えていく」ということなんだと思います。

僕たちは “やさしい世界” をつくりたい

 

これが、一緒に活動をしている妻と話し合ってたどり着いた、現時点での僕たちの答えです。

 

 

“やさしい世界” 、それは、

 

他人や自分と非建設的に争うような、競合的な世界ではなく、

 

ちがいを想像し、ちがっていることを大切にできるような、協力的な世界です。

 

 

生きていくためには、強さが必要な時もあります。

 

正しさが必要な時もあります。オモシロさや、かっこよさが必要な時も。

 

 

でも、強さや正しさだけでは競合的になりやすいから、やさしさも一緒に育てることが大切です。

 

 

そのためには、

 

知識や体験をとおしていろんなモノの見方があることを知り、想像力を高めること、共感するチカラを高めることが大切です。

  

強さや正しさと、やさしさが一緒になったら、しなやかな強さが身につきます。

 

 

そして、しなやかに強い自分でいると、やさしくすることができます。他人にも、自分にも。

 

・・・・・・

 

Lithe:〔人・ものが〕しなやかな、柔軟な から「らい」を、

 

そして、主宰者二人の活動拠点であり、多様性にあふれた街である吉祥寺 から「キチ」を、

 

それぞれ借りるかたちで「らいキチカフェ」と、このコミュニティを名づけました。

 

 

アドラー心理学をはじめとした多くの知恵や、そこから生まれる「つながり」楽しみながら接していくことで、

 

あれっ?いまなんかいい感じやん!?

“しなやかに強い” 感じやん!?

 

と感じられるカフェのような場所にしたい。

 

そんな願いを込めてみました。

 

 

“やさしい世界” につながる時間を、みなさんと一緒に過ごせたら嬉しいです。



次回の らいキチカフェ(#13

イベント名

第1回『推し本(おしぼん)』シェアの読書会|読書会 #2

(らいキチカフェ #13)

持ち物

(活用書籍)

 あなたのオススメの本「推し本(おしぼん)」を1〜3冊ご持参ください。

〈推し本(おしぼん)の選び方〉
※ とにかくあなたがオススメしたい本! ジャンルは問いません。
※ 当日、あなたの一番好きな箇所を全体で読んでいきますので、

  あらかじめ読みたい箇所を選んでおいてくださいね。

内 容
第1回「推し本(おしぼん)」シェアの読書会を開催いたします。

あなたはこれまでの人生で、どのような良本と出逢ってきましたか?

「あのとき、自分を支えてくれた1冊」
「新しい世界を見せてくれた1冊」
「人生を変えた1冊」
「大切な誰かと共有したい1冊」・・・📖
きっと、あなたにとって最良の1冊をお持ちのことでしょう。

そんな大切なオススメの本「推し本(おしぼん)」を、

みんなで持ち寄ってシェアしませんか?
そして、あなたが大切にしている想いをシェアしてみませんか?

山田 鷹が、安心・安全で、知的好奇心をくすぐるファシリテートをいたしますよ。
もちろん、自身の推し本(おしぼん)もご紹介いたします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


「らいキチカフェ|読書会」は、コミュニケーションや人間関係について

学ぶことのできる場にしたいと考えています。

それが「やさしい世界」とか、「しなやかに強い自分」をつくっていくことに

繋がると考えているからです。

ところで、「コミュニケーションや人間関係について学ぶ」とは、

具体的にはどういうことなのでしょうか?

僕たちはこれを、「いろんな『意見』や『価値観』を知ることで、

『想像力』を高める」こと、そして「お互いの違いを『責めたり』、

こちらの方がいいなどと『競争』する」のではなく、

「できるだけ違いを知ろうと『共感』したり、

考えをまったく一緒にするのではなく、

違っているままでどうやったら『協力』していけるのか?

(これは物理的な接触頻度を下げるということも含んでね)」

ということを考えていく、ということなのではないかと思っています。

なので、「読書会 #1(https://goo.gl/PnGgMU)」のように、

コミュニケーションマインドやスキル自体を、

「参加者全員で同じ本を読みながら学んでいく」という時間も大切にしながら、

今回のように、「みんなの価値観を、

特に『好きな本』『オススメの本』という形で共有し、

お互いに健全な好奇心を持って過ごしてみる」といった、

まさに円滑なコミュニケーションの実践の場としての時間も同時に、

大切にしたいなと思いました。

参加される仲間とのやさしい共有の時間が、また特別な体験となるはずです。
新たな運命の1冊に出逢えるかも?!
ワクワクしながらお越しくださいませ。

参加資格

・自分の「好きな本」「オススメの本」について、批判的ではなく
 共感的な雰囲気な中でシェアしてみたい方


・年齢・性別・職業・出身地などが異なる人が、どんな本のどんな点に
 興味を持っているのかを知りたい方


・「好きな本」「オススメの本」についての話を通じて

 他者と関係性を深めていく、という体験に興味のある方


・「コミュニケーション」や「人間関係」について興味のある方
 

・「アドラー心理学」に興味のある方 など

日 程

2018年  7月12日(木)

時 間 19:00〜21:00
場 所 吉祥寺駅周辺の貸し会議室を予定しております
参加費

2,000円(税込・資料代込み)

定 員 8名
ファシリテーター 山田 鷹(やまだ たか) →プロフィールはこちらから

らいキチカフェへの参加お申し込みや、その他の講座開催のご要望はこちらから